スキップしてメイン コンテンツに移動

旧Skitchアプリでのざっくり色塗り(Android版)

絵日記をはじめるきっかけになった方が、ブログで描き方講座をされていたので、
私の環境での使い方も簡単に書き残しておきます。 

まずその記事の紹介
描き方講座:iPhoneでスキャン&彩色編
でもこれだと、Photoshopとかスキャナとか、一般のご家庭にはなさそうなモノが出てきてしまいます。やっぱりそういうものがないとダメなのね・・・と思われないためにも、iPhoneを使ってスキャンから彩色までできる方法を解説します。
さて、前回の記事では私が絵日記をかくときのやり方を紹介しました。 
一読オススメです。

私の場合はAndroid機であったこともあり違う方法で色を塗っています。 Skitchというアプリを使います。(Google Play Skitch

「なるべく手間をかけない」「でもちょっとだけ雰囲気良くして」「また描きたくなる」
私が重視したポイントは上記の3点です。

ではSkitchをどう使っているか簡単に3STEPで説明します。


(2012年11月現在、アプリの仕様変更により操作方法は下記の説明とは大幅に変わっております。乗り換えたアプリ SketchBook Mobile を説明した記事を書きました。参考になるかもしれません。

1 Skitchに手描きの絵を読み込んだところ

スキャンした手描きの絵日記に色を塗ります。
(スキャンはCam Scannerがオススメ、ハイライト処理が便利)
ペンは2種類ありますが、彩色にはマーカーの方を使っています。
重ね塗りするのが楽しいです。

2 色とペンの太さを選べます

パレットは8色(白、黒、黄、橙、緑、青、赤、桃)、透明度は変更できます。
ペンの太さはスライダーで変えられます。

3 塗ってみました。

ざっくりです、はみだします。

スライダーで一番細くしても、これくらいなので初めからはみだすつもりで塗ってます。

塗り方は以上です。

デメリット





  • 色数少ないので、欲しい色がなかったりします。
  • きっちり塗れません。小さい絵には塗れません。
    メリット
  • スマホと紙とペンさえあれば、無料。



  • ホントちょっとした落書きでも、ちょっと背景に色塗ればなんかいい感じ!
    アナログに描いて、デジタルで彩色しちゃう絵日記。オススメです。




    ちょっと続き

    もともとは画像にメモしようと思ってダウンロードしておいたSkitchでしたが、私の場合その目的では出番が無かったんですよね。
    ところがある日、イラストが上手なお友達が絵日記の彩色をデジタルでやってると聞いて、

    「これは真似して遊びたい!そうだSkitchの出番!」

    とあっというまに絵日記を描くことに決めました。
    この色塗りの楽しさがあれば続けられそうだなー、と思ってます。

    このブログの人気の投稿

    [Coffee mill 挽いてる段階で既に美味い]

    [Coffee mill 挽いてる段階で既に美味い]

    My son

    My son

    [New Year Card 2017年は酉年]

    [New Year Card 2017年は酉年]

    signal colors ゴキゲン過ぎた

    signal colors ゴキゲン過ぎた

    カルカソンヌ日本選手権(Tokyo 2nd day)

    カルカソンヌ日本選手権、ここに立つ日が来ると信じていた…。

    ということで、「カルカソンヌ日本一を決める大会に出場」してきました。今回の東京旅行の目的はこれです。

    カルカソンヌ日本選手権は毎年夏に開催され、日本各地で開催される予選会を突破した出場者の中で、カルカソンヌ日本一を決める大会である。 (カルカソンヌ日本選手権 | http://carcassonne.jp)


    早速ですが、日本選手権に初挑戦した私の戦績は三勝三敗で予選敗退。決勝トーナメント進出には程遠い結果…今の私ではここまでか…。

    すみだ産業会館から見えるスカイツリー
    ちなみに墨田区の工芸品の展示がなかなか興味深かったですね。すみだ産業会館の8階ロビーに展示されていました。

    当日撮影スタッフをされていた方のブログへのリンクです。

    【イベント】カルカソンヌ日本選手権2018に撮影班として参加してきました その1 動画一式 | https://fumble.hatenablog.com/entry/2018/08/21/233528
    (対戦動画のおかげで勉強ができますThank you‼ 何度も観ます!)
    カルカソンヌ日本選手権で対戦しているゲームの盤面が撮影されており、YouTubeで観ることができます。撮影されているのは通称「一番卓」、その時点で最も成績が良い選手同士が対戦する席です。ここに座ることが目下の目標ですね。

    決勝トーナメントに進んだ8名の方たちの対戦を観戦しています。
    優勝されたのは藤本さん。前年の準優勝から一年後、見事に優勝メダルを勝ち取るなんて、かっこよすぎる。
    10月の世界選手権、頑張ってください!応援しております。

    午前から夕方までの日程でしたが、あっという間でした。
    主催・運営のスタッフの皆様、ありがとうございました。おかげで大変楽しみました。

    出場者の皆様もありがとう!
    「また来年、日本選手権で」

    ジャンボカルカソンヌ!Twitterで見たやつ!

    歯抜けの感覚

    歯の健康を疑わず生きておりましたが、上手く磨けていなかったようです。
    これを機に、抜いた親知らず以外の歯も一気に治療を済ませました。普通の歯ブラシだけでなく、ワンタフト、歯間ブラシ、デンタルフロスを駆使して残りの歯を守り抜く!「虫歯になりにくい体質みたいでさー」って人ほど、一度しっかり歯科検診受けておいた方がいいね。歯、大事。

    ダーツが上手くなっている気がする

    ダーツが上手くなってるはずなんですよ。前より断然ブルに入るし、ハットも珍しく無くなってきたし。
    でもたまにダーツマシンでやってみると、レーティングが上がるわけではないんだなあ。
    数年前に一緒にダーツを遊んでいた友人を誘ってみるか。「私は上手くなっていると思うんだが、どうだい?」と聞いてみたい。

    The Dice Road Race ダイスロードレースというボードゲームが大好きだ

    2017年に初めて行ったゲームマーケット神戸で、入場後に私が真っ先に買いに行ったのがこのダイスロードレース。これが待ちに待った再販、これを機にご紹介したい。

    ダイスロードレースというボードゲームを簡単に説明すると「自転車競技のロードレースにおける駆け引きを楽しめる、各プレイヤーがサイコロを3つ使うスゴロク形式のゲーム」である。
    (ダイスロードレース取扱店サイコロ堂さんの商品紹介ページ http://shop.saikorodo.com/items/11409460) (ダイスロードレースの作者は@fullkawaさん https://twitter.com/fullkawa)
    私が思うダイスロードレースの面白さは、ボドゲーマというサイトにレビューとしてまとめてあるので、そちらもどうぞご覧ください。
    (ダイスロードレースのレビューby舌 https://bodoge.hoobby.net/games/dice-road-race/reviews/2528)
    3つ持っているサイコロを何個振るか、それが悩ましく、そこが楽しーーいんです。ぜひ一度遊んでみて欲しい、できれば私と遊んで欲しい!

    [Darts 上手くなったような気がする]

    [Darts 上手くなったような気がする]

    [Sneezing power generation くしゃみ発電]

    [Sneezing power generation くしゃみ発電]